JBCHN HOME
JBCHNとは
ボーダーコリーの遺伝性疾患
CL病のDNAテスト
DNAテスト結果
TNSのテストについて
BCの健康関連記事
イベントリポート
海外からのメッセージ


お問い合わせは、下記メール
アドレスにお願いします。

infoアットマークjbchn.net
スパム防止のため、@をカタカナにしています。
メールソフトを立ち上げてから、上記メールアドレスをご入力下さい。


PRA:進行性網膜萎縮(PROGRESSIVE RETINAL ATROPHY)

 進行性網膜萎縮(PRA)は純血種および交雑種の犬に影響を及ぼす、数多くの進行性網膜変性を表現している総称です。PRAは徐々に視覚を低下させ、最終的には失明に至る疾患です。犬の寿命が長いと、痛みも伴います。両眼が侵されます。

杆体の次に錐体が侵される
 PRAは網膜の疾患です。網膜は眼後部の内側に位置し、光受容体と呼ばれる細胞を含む特殊な組織です。光受容体は角膜と水晶体によって集められた光を吸収し、その光を電気信号に変換して視神経を経由して脳に伝達した後に、視覚として認識されます。光受容体は二つのグループに分けられます。暗闇で物を見るための杆体と日中の視野や色覚のための錐体です。通常、PRAは最初に杆体に影響を及ぼし網膜の機能を低下させ、その結果夜盲症を引き起こします。しかし、グレイハウンド種では初期夜盲症はみられません。ほとんどの犬種において、飼主は犬が夜に外に出ようとしなかったり、暗闇で飼主の傍を離れようとしないことに気づくかもしれません。この疾患では錐体の機能低下は遅れて現れ、日中の視覚が失われて、最終的には失明します。PRAにおいて失明は徐々に進むので、ほとんどの犬達は環境が変わらなければ彼らの視覚障害に適応することが出来ます。

PRA後期における散大瞳孔
 PRAに伴い、視覚低下がおこり、瞳孔が散大(拡大)すればするほど眼の奥からの反射は明るさを増します。壊死した網膜の光受容体から放出される化学物質は結果的には白内障(水晶体が白く濁る疾患)を進行させます。犬の寿命が長い場合は、白内障は炎症や痛みを引き起こします。
慢性的な炎症を防ぐため白内障で濁った水晶体を除去することが出来ます。しかし、PRAを発症していない犬の白内障の手術とは違って、PRAを発症している犬は網膜が長い期間変性しているので、視覚回復の見込みはほとんどありません。PRAを止める治療法はありません。しかし、我々はいくつかの事例でレーザー治療が病気の進行を遅らせることを発見しました。ブラックモアのバイオエースやアレルガンのアイバイトのような抗酸化剤が病気の進行を遅らせるかもしれません。

早発型PRAまたは遅発型PRAの発症時期
 犬種によってPRAは発症時期が早いか遅いかで二つの形態に分類されます。遅発型PRAに罹る犬種にはミニチュアプードル、アメリカンコッカおよびイングリッシュコッカスパニエル、ベタンテリア、シベリアンハスキーそしてラブラドールレトリバーが含まれます。遅発型PRAに対して、早発型PRAは光受容体発育異常あるいはその発育発達遅延(静止)に起因するもので、非常に幼い時期の仔犬にみられます。コリー、アイリッシュセッター、ミニチュアシュナウザー、グレイハウンドおよびノルウェイジャンエルクハウンドに早発型PRAがみられます。一般的に検眼鏡検査で正常とされた7歳の犬ではPRAが原因で失明することはありません。しかし、オーストラリアンキャトルドックではこの法則に当てはまりません。

PRAを発症する時期
 以下に記す犬種はPRAの高い発症率を示しており、この疾患を受け継ぐ劣性遺伝子をもっています。
PRAは交雑種を含め、いかなる犬種にも存在しうることを忘れないで下さい。

    オーストラリアンキャトルドック
    秋田犬
    ベルジアンマリノワ、ポーチュギーウォータードック
    ケアンテリア、ミニチュア/トイプードル
    コッカスパニエル(アメリカン/イングリッシュ)、ミニチュアシュナウザー
    コリー(スムース/ラフ)、ロットワイラー
    ダックスフント(ロングヘアー)、サルーキー
    エルクハウンド、サモエド
    イングリッシュスプリンガースパニエル、シベリアンハスキー
    ゴードンセッター、チベタンスパニエル
    グレイハウンド、チベタンテリア
    セッター(アイリッシュ/イングリッシュ)、ウェルッシュコーギー(カーディガン)
    ラブラドールレトリバー